4省認定校 東京電子専門学校 池袋の医療・コンピュータ・電子の総合学校

4省認定校 東京電子専門学校 池袋の医療・コンピュータ・電子の総合学校

医療の最前線で働こう!

臨床検査技師

サブビジュアル サブビジュアル

臨床検査技師とは?

膨大な種類の臨床検査技術を操り分析するスペシャリスト

臨床検査技師とは、医師の指示のもと、さまざまな検査を行う技師のことです。学校の健康診断で、尿検査として尿を採取し提出した経験は誰しもあると思いますが、その尿などを検査し、身体に異常が起きていないか検査をするのが臨床検査技師です。

!
法律では臨床検査技師は
以下のように定められています。

厚生労働大臣の免許を受けて、臨床検査技師の名称を用いて、医師又は歯科医師の指示の下に、微生物学的検査、血清学的検査、血液学的検査、病理学的検査、寄生虫学的検査、生化学的検査及び厚生労働省令で定める生理学的検査を行う事を業とする者を言う。

(臨床検査技師等に関する法律第一章第二条 抜粋)

臨床検査技師

臨床検査は診断の入り口

臨床検査技師体調不良等で病院を訪れた人に対し、軽症や診断しやすい病気であればすぐに治療や薬の処方ができます。しかし診断が難しい場合や病気の進行度合いを調べるにはさらに検査が必要です。そのために行うのが臨床検査です。

臨床検査技師の業務

臨床検査技師の業務

臨床検査技師の行う臨床検査は、検査方法により大きく2種類に分けられます。

生体検査(生理学的検査)
心電図検査・超音波検査(エコー)・呼吸機能検査・熱画像検査(サーモグラフィ)・脳波検査・眼底写真検査 など

検体検査
血液や尿などの検体を使って状態を把握する検査です。
血液学的検査・微生物学的検査・尿や便などの一般検査・輸血や臓器移植関連検査・遺伝子検査・病理学的検査 など

厚生労働大臣の指定を受ける本科では、教育課程を修了することにより、国家資格である「臨床検査技師」の受験資格を大学より1年早い3年で得ることができます。

臨床検査技師が扱う機器

臨床検査技師が使用する機器の
一例を紹介します。

4Dカラーエコー(超音波)

4Dカラーエコー(超音波)

エコー検査とは超音波を用いて体の内部を観察する検査方法です。4Dカラーエコーは立体的な画像のため、おなかの赤ちゃんのしぐさや表情まで見ることができます。

透過型・走査型電子顕微鏡

透過型・走査型電子顕微鏡

細胞や遺伝子などのミクロな世界を見ることができます。顕微鏡というと小さなものをイメージしがちですが、写真のような大きな顕微鏡もあり、目的によって使い分けます。

心電計

心電計

患者さんの身体に機器をつけ、心臓の電気的な活動の様子をグラフの形にする機器です。不整脈などを発見するきっかけになる検査機器です。

眼底カメラ

眼底カメラ

眼球から見ることができる網膜血管などの状態を検査します。目の病気や病気による全身の血管の変化がないかを確認します。

本校ではエコーなどを使用した体験実習を行っておりますので、ぜひ体験入学などのイベントで触ってみてください。

イベント参加申し込みはこちら!

臨床検査技師のやりがい・魅力

患者さんの重大な病気を見つけられたとき

医師は、臨床検査によって得られた医学的データをもとに患者の状態を判断し治療方針を決定します。つまり臨床検査は診断の入り口であり、重大な病気の早期発見につながることも少なくありません。病気の経過観察や、治療効果を判定する際にも臨床検査が行われるため、貢献度は非常に大きいといえます。

臨床検査技師のやりがい・魅力

医師から意見を求められたとき

臨床検査技師は、検査を素早く正確に実施し、知識や経験をもとに詳しく分析・報告することが求められます。臨床検査は範囲がとても広いため、経験を積み豊富な知識を持つ臨床検査技師は医師から意見を求められることもあるようです。医師の診療をサポートする立場として、重要な役割を担っています。

臨床検査技師を目指せる学科

その他、医療技術系の仕事