4省認定校 東京電子専門学校 池袋の医療・コンピュータ・電子の総合学校

4省認定校 東京電子専門学校 池袋の医療・コンピュータ・電子の総合学校

医療技術系

臨床工学科

【職業実践専門課程 認定学科】(3年制)
高度医療を支えるスペシャリスト
臨床工学技士を養成

サブビジュアル サブビジュアル

学科の特徴

生命維持管理装置や先端医療機器に関する
優れた知識をもった臨床工学技士を養成します。

!このようなことに興味がある方は、
臨床工学科をおすすめします。

・チーム医療/医療機器
・手術室/ICU/命を救う現場
・人工心肺装置/人工透析
・医療と工学のエンジニア

【取得資格】

厚生労働省認定による、
臨床工学技士の国家試験受験資格取得

臨床工学科
  1. 全国で最初の養成校として臨床工学科をいち早くスタート

    「臨床工学技士」が昭和63年に国家資格として認定された同年、本校は全国で最初の養成校の1校として認定されました。また電子・情報系学科や診療放射線学科、臨床検査学科を設置しているメリットを活かし、豊富な電子機器や最新のコンピュータを使った実習ができます。こうした実績より、本科は職業実践専門課程に認定されています。 職業実践専門課程に関してはコチラ
  2. 医療現場の見学や講演会で意識の向上を図る

    「臨床工学技士」を深く理解するため、「病院見学」を1年次の夏に実施しています。大学附属病院などの臨床現場や臨床工学技士の業務を間近で見ることによって、その後の勉学にも一層身が入ります。また、大学付属病院等に勤務する、本校の卒業生(臨床工学技士)による講演会を毎年実施しています。講演会では臨床工学技士の経験談等が聞けるため、在校生にとって意識を高めるよい機会となっています。

「臨床工学技士」(国家資格)とは

「臨床工学技士」(国家資格)とは

臨床工学技士は、「臨床工学技士」の名称で厚生労働大臣の免許を受け、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う、医学と工学の両方の知識を兼ね備えた医療スタッフです。

臨床工学技士について詳しくはコチラ!

授業・実習紹介

医療機器を安全に操作・点検できる技術を身につけます

授業・実習紹介
  1. 呼吸療法技術学実習

    人工呼吸器、その他呼吸療法装置の原理や治療方法を学びます。演習を通じて、最新型から長年使われている機器など様々な機器の構造を学び、操作技術を身につけていきます。
  2. 医用安全管理学実習

    血液透析装置や他の血液浄化装置の構造を学び、機器の取り扱いや保守点検の技術を身につけます。グループ単位での実習を通じて、チームワークやリーダーシップも養っていきます。

実習室・実習風景

人工透析装置の操作実習風景

人工透析装置の操作実習風景

人工呼吸器の操作実習風景

人工呼吸器の操作実習風景

授業時間割例

【2017年度 臨床工学科 2年次 前期 時間割例】

90 1 2 3 4 5
Mon 【演習2】
ME
体外循環
技術学
臨床免疫学 呼吸療法技術学
Tue 【演習2】
安全
生体計測装置学Ⅰ 電子工学実習
Wed 血液浄化療法
技術学
システム工学 計測工学Ⅰ
Thu システム・情報処理実習 医用治療
機器学2
医用安全
管理学
内科学概論
消化器病学
Fri 計測工学Ⅰ/
人間工学(隔週)
計測工学Ⅱ 生体物性工学 臨床医学概論2
呼吸器病学

臨床工学科の実習で使用する病院

病院実習は、3年生で実施します。(2017年度実績 実習病院名 [順不同])

東京大学医学部附属病院、東京女子医科大学病院、東京慈恵会医科大学附属柏病院、埼玉医科大学国際医療センター、聖マリアンナ医科大学病院、自治医科大学附属さいたま医療センター、戸田中央総合病院、東京慈恵会医科大学附属病院、杏林大学医学部付属病院、慶應義塾大学病院、自治医科大学附属病院、三井記念病院、聖路加国際病院、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、東京慈恵会医科大学附属第三病院、東京慈恵会医科大学葛飾医療センター、関東中央病院、練馬光が丘病院、上尾中央総合病院、千葉西総合病院、昭和大学病院、板橋中央総合病院、他

目指せる資格

厚生労働大臣の指定を受ける本科では、
教育課程を修了することにより、
国家資格である「臨床工学技士」の受験資格を
大学より1年早い3年で得ることができます。

臨床工学科での取得資格

【国家資格】

  • 臨床工学技士の国家試験受験資格
  • 甲種危険物取扱者試験受験資格

取得目標としている資格

【検定試験】

  • 第1種ME技術実力検定(日本生体医工学会)
  • 第2種ME技術実力検定(日本生体医工学会)
【臨床工学技士の国家試験について】

【臨床工学技士の国家試験について】

臨床工学技士の受験資格を取得するには、厚生労働大臣が指定した臨床工学技士養成所を3年以上、または文部科学大臣が指定した学校(4年以上)において、臨床工学技士として必要な知識および技能の修習を終えることが必要で、かつ医用工学概論、公衆衛生学を始め、幅広い知識が求められます。
資格について詳しく知りたい方はコチラ!

就職

●「臨床工学技士法」の制定と同時にその指定校となり、今年で30年。前身の「医学電子科」も含め43年もの教育ノウハウは、堅実で信頼される優秀な人材を全国に輩出しています。

●大規模病院の臨床工学技士長が本校卒業生ということが多いため、そうした全国に広がる卒業生ネットワークが、東京電子生の就職をバックアップしています。

【主な就職先】

(独)三島総合病院、さいたま市立病院、(独)国立病院機構(相模原病院 他)、市立御前崎総合病院、横浜市立大学附属病院、東京都立病院(墨東病院 他)、(医社)石川記念会、NTT東日本関東病院、(医社)大島記念嬉泉病院、(医社)春日部嬉泉病院、(社医)河北総合病院、(医)北関東循環器病院、(医社)吉祥寺あさひ病院、国保直営総合病院 君津中央病院、(医財)行徳総合病院、慶應義塾大学病院、(医)玄々堂君津病院、(学)埼玉医科大学、埼玉協同病院、(医社)さがみ循環器クリニック、さくら記念病院、(医)山王台病院、(医社)湘南東部総合病院、(学)昭和大学、(医)東京曳舟病院、信州大学医学部附属病院、(学)聖マリアンナ医科大学、(社医社)千葉西総合病院、(医財)東葛クリニック病院、(学)東京女子医科大学、東京ほくと医療生活協同組合、(医)東京品川病院、戸田中央医科グループ(TMG)、(社医)敬愛会中頭病院、成田赤十字病院、(医社)日本鋼管病院、(社医)東埼玉総合病院、(社医)森山記念病院、(医)友愛クリニック 他 (順不同)

臨床工学技士として将来活躍できる場所

国立病院機構・公立病院、私立大学附属病院、医療センター、一般総合病院、人工透析クリニック、医療機器メーカーが臨床工学技士の主な就職先です。臨床工学技士は、医療機器の操作だけでなく、いつでも安心して使用できるよう保守・点検も行います。

目まぐるしく発展する医療機器の取り扱いができ、医療事故を防ぐ役割も担う臨床工学技士は医療チームにかかせないため、どの地域に行っても臨床工学技士は引く手あまたです。

先輩からのメッセージ

臨床工学科 3年生 橋本 さん 貞静学園高校 出身
臨床工学科 3年生
橋本さん
貞静学園高校 出身

もともと機械が好きであり医療系の仕事にも興味を持っていたので、職業を調べた際に知った臨床工学技士を目指そうと思いました。体験入学やオープンキャンパスに何回も参加したのですが、そのうちの1日が学園祭で、2年生の研究発表がありました。発表の内容が面白かったこと、多くの卒業生が大きな病院の技士長をしていることなどから入学を決めました。
楽しかったのは電子工学実習です。回路を一から全て自分で作り、波形が出たり電気がつくととても嬉しく達成感を感じました。反対に大変だった授業でもあり、手書きのレポートを書くために図書館やインターネット等で調べてまとめるのが大変でした。

この分野を目指す人へのメッセージ

勉強は厳しく大変ですが、その分今後の人生にためになることばかりです。今のうちからしっかりと復習したり、わからないことは友達や先生に聞いてきちんと解消したりするクセをつけておくといいと思います。

臨床工学科の関連情報