学科紹介 先端電子系 電気工学科(2年) 実社会に応える強電分野のスペシャリストを養成

実験・実習の積み重ねで実践能力を修得

在学中の2年間に行われる基礎実験、実習の繰り返しにより身についた技術力と経験、そして幅広い知識が実社会からの要請に応えます。

電気工学科の概要

ここに注目!CLICK

国家資格の取得のためのサポートも万全。学科の先生たちは卒業後も資格取得や転職などの相談にも積極的にのってくれて心強いです。

閉じる

現代社会において必要不可欠な電気を、安全に運用・管理する知識や技術を身につけます。卒業生は、発電所やビル、工場などの事業用電気工作物に関する保安・監督を行う、電気主任技術者(第二種および第三種)の資格が、規定の実務経験年数などに応じて取得可能です。本科は、電気関連分野におけるスペシャリスト養成の最短コースともいえます。

概要1「第二種、第一種電気工事士」試験の合格に向けた授業や実習、講習会を入学時から計画的に行い、早期合格とともに即戦力を目指します。

概要2難易度の高い国家資格「第三種電気主任技術者」を在学中の取得を目指した講習会を実施しています。

概要3経済産業省認定により「第二種電気工事士」筆記試験免除と「第二種、第三種電気主任技術者」取得(要規定実務経験後)の特典があります。

概要4卒業研究は、各個人の就職現場における知識や技術に対応するため、各職場に即した職務内容を研究テーマとし、現場が求める高度なエンジニアを目指します。

POINT1就職率100%を目指す実践教育

エンジニアにとって最も重要な「技術力」を身につけるため、基礎から応用までの理論と実験を繰り返し行い、即戦力となる人材を養成しています。その実績は、数多くの企業から高い評価を得ています。
※H26年・H27年3月:就職率100%

POINT2卒業後のフォロー体制も万全

卒業した後もメールや電話による国家試験受験のアドバイスや、再就職の相談にも積極的に対応しています。また卒業後、現在の状況報告や国家試験受験の相談なども兼ね、教務室に訪れる卒業生が多いのも本科の特徴です。

What's new?

5号館地下1階、高電圧実習室に最新の「30万ボルト高電圧実験装置」を導入しました。
新規導入した「30万ボルト高電圧実験装置」は、すべてコンピュータ操作のみで制御できるのが大きな特徴です。本校は、即戦力となる人材教育のため、常に最新の実習機器の導入や関連業界の現場を想定した実習室の改修を行っています。

実習室・実習風景

▲インバータによる三相誘導電動機速度制御実習

▲センサーによるコイン選別機の製作実習

先端電子系 よくあるご質問はこちら

国家資格免除

国家試験

  • 第二種電気主任技術者(1万V以上の運用に5年以上の実務経験後取得)
  • 第三種電気主任技術者(500V以上の運用に2年以上の実務経験後取得)
  • 第二種電気工事士(筆記試験免除)

取得目標としている資格

国家試験

  • 第一種電気工事士(経済産業省)
  • 第二種電気工事士(経済産業省)
  • エネルギー管理士(経済産業省)
  • 消防設備士
    (甲種第4類、乙種第4類、乙種第7類)(消防試験研究センター)

取得受験資格

国家試験

  • 1級電気工事施工管理技士(受験資格取得に必要な実務経験が5年に短縮)
  • 2級電気工事施工管理技士(受験資格取得に必要な実務経験が2年に短縮)

目指せる主な職種

  • 電気工事士
  • 電気主任技術者
  • 電気工事施工管理技士

将来活躍できる場所

電気機器メーカー関係(電力機器製造会社、メカトロニクス関係会社、制御盤製造会社、通信機器製造会社等の設計・製作・調整技術者ほか)
電設工事関係(電気工事会社、商社電設部、建設会社、通信工事会社等の設計、積算、施工管理技術者ほか)
計装関係(プラント製造会社、計装工事会社、空調工事会社等の設計、積算、施工管理技術者ほか)
電気保守関係(鉄道変電室・信号関係、各種製造工場変電室、百貨店、および病院、その他ビルの変電室の電気保守管理技術者ほか)

先端電子系学科 ブログ

東京電子専門学校 公式ブログ「先端電子系学科」の最新情報を発信しています