臨床検査技師を養成する臨床検査学科

学科紹介 先端医療系 臨床検査学科(3年) 職業実践専門課程 認定学科 豊富な知識と検査技術を身につけた臨床検査技師を養成

厚生労働大臣指定の臨床検査学科だから、
臨床検査技師の受験資格が取得できます

厚生労働大臣の指定を受ける本科では、教育課程を修了することにより、国家資格である「臨床検査技師試験」の受験資格を最短の3年で得ることができます。

臨床検査学科の概要

ここに注目!CLICK

臨床検査は覚える事や実験・レポート提出も多いですが、同じ目標を持った友達やしっかりサポートしてくれる先生がいるから大丈夫!

閉じる

概要1授業・実習においては、1年次より「臨床検査技師」として現場で活躍する講師による授業や実験、実習指導を取り入れるなど、医療の現場をより身近に感じられるカリキュラムを組んでいます。

概要2さらに特別実習として、医療機器メーカー協力により「顕微授精装置」使った「 顕微授精模擬実習 」や最新ミクロトーム(※)を使用した「病理組織細胞学実習」など、実施しています。

(※)ミクロトームとは、「病理組織細胞学実習」の顕微鏡観察に必要な極薄の組織の切り出しに用いられる機器です。

「臨床検査技師」(国家資格)とは

臨床検査技師は、「臨床検査技師」の名称で厚生労働大臣の免許を受け、医師又は歯科医師の指示の下に、微生物学的検査、血清学的検査等および厚生労働省令で定める生理学的検査を行う職業です。

POINT1最先端エレクトロニクスを応用した技術に対応

臨床検査には、心電計・脳波計・超音波診断装置・MRI装置など、最先端のエレクトロニクス技術を応用した医療機器が数多く導入されています。本校では最新機器を使用した実習を通して技術の修得を目指しています。

POINT2必要な実習室を校内に完備

電子顕微鏡実習室をはじめ、化学・生化学実習室、病理学実習室、微生物学実習室、臨床生理学実習室など臨床検査技師養成に必要な実習室がすべて揃っています。

What's new?

臨床検査学科では2年次の5月、本校の「軽井沢セミナーハウス」に宿泊(2泊3日)して、体育の授業と研修を行っています。
今年の体育授業では、軽井沢町にあるスポーツ施設「軽井沢風越公園」を利用し、フットサルやバスケットボール、バドミントンなどを行いました。また、自由行動の時間には友達同士で、軽井沢セミナーハウス併設の人工芝のテニスコートでテニスをしたり、屋内で卓球をしたりサイクリングに出かけるなどして楽しく過ごしました。

実習室・実習風景

4Dエコー(超音波診断装置)の操作実習風景

▲4Dエコー(超音波診断装置)の操作実習風景

微生物学実習室での実習風景

▲微生物学実習室での実習風景

先端医療系 よくあるご質問はこちら

臨床検査学科の実習で使用する病院

病院実習は、3年生で実施します。(平成28年度実績 実習病院名 [順不同])

  • 順天堂大学医学部附属順天堂医院
  • 北里大学メディカルセンター
  • 国立病院機構西埼玉中央病院
  • 結核予防会複十字病院
  • 埼玉医科大学病院
  • 国立成育医療研究センター
  • 国立病院機構千葉医療センター
  • 国立国際医療研究センター
  • 東京都立広尾病院
  • 国立病院機構東京病院
  • 国立国際医療研究センター
    国府台病院
  • 済生会横浜市東部病院
  • 上尾中央総合病院
  • 柏市医療公社柏市立柏病院
  • 国立病院機構 東京医療センター
  • 国立病院機構 災害医療センター
  • 河北総合病院
  • 独立行政法人 船橋中央病院
  • 藤沢市民病院
  • 日本歯科大学多摩永山病院
  • 横浜南共済病院
  • 自治医科大学附属病院
  • 自衛隊中央病院
  • 荏原病院

臨床検査学科での取得資格

国家試験

  • 臨床検査技師の国家試験受験資格
  • 甲種危険物取扱者試験受験資格

【解説】臨床検査技師の国家試験について

受験資格を取得するには、厚生労働大臣が指定した臨床検査技師養成所を3年以上、又は文部科学大臣が指定した学校(4年以上)において、3年以上臨床検査技師として必要な知識および技能の修習を終えることが必要で、かつ医用工学概論、公衆衛生学をはじめ、幅広い知識が求められます。
※その他の条件でも、「受験資格取得」ができる場合があります。

臨床検査技師として活躍するための、取得目標としている資格

認定試験

  • 上級バイオ技術者認定(日本バイオ技術教育学会)
  • 中級バイオ技術者認定(日本バイオ技術教育学会)

検定試験

  • 第二種ME技術実力検定(日本生体医工学会)

臨床検査学科の就職サポート

  • 毎年、医療機関や医療機器メーカーの最前線で勤務する卒業生を招き、3年生を対象に職場経験談や最新の動向、情報の講演会を実施しています。
  • 就職先の決定については、本人の希望を優先させながら、卒業生の情報や生徒の性格、普段の授業や実習の様子など多面的・総合的に判断し、きめ細かなアドバイスを行っています。また、希望する就職先の先輩卒業生へのコンタクトなどのサポートも実施しています。
  • 細胞診スクリーナー養成所への入学や卒業生の再就職の相談にも親身に対応しています。

〔卒業生就職先〕

  • 国立病院機構・関東甲信越ブロック
  • 熊谷総合病院
  • 丸山記念総合病院
  • 亀田総合病院附属幕張クリニック
  • 岩手医科大学付属病院
  • 銀座レディースクリニック
  • 国際医療福祉大学三田病院
  • 順天堂大学医学部附属静岡病院
  • 千葉西総合病院
  • 東京女子医科大学病院
  • 東邦大学医療センター大森病院
  • 日本赤十字社関東甲信越ブロック
  • 山王病院
  • 立川相互病院
  • 国立国際医療研究センター病院
  • 細胞病理研究所
  • 国立がん研究センター東病院

臨床検査学科での学びの特徴

臨床経験豊かな担当教員を中心に、カリキュラムを一新!
臨床と直結した授業で、臨床検査技師国家試験合格に導く

入学前のフォロー体制も万全

入学前に合格者には、本校での3年間を無理なく楽しく、勉強や学園生活を送ってもらえるように、メールや手紙によるアドバイス・相談を行っています。

学生と教員がともに質の高い教育を目指す

本学科では、経験豊かな教員によるカリキュラムの改善だけではなく、学生とコミュニケーションを取りながら、より質の高い教育を日々目指しています。

他校に先駆けた最新機器導入と「特別実習」を実施

日々進歩する医療現場では、高い技術力と応用力を兼ね備えた、即戦力となる「医療スタッフ」を求めています。本校は、そうした現状を考え、医療現場をイメージした「メディカルトレーニングセンター」(実習室)など、充実した実習環境を整えています。

また本科では、高画像かつ3D(立体)超音波画像に動き(動画)を加えることのできる、高画質「4Dエコー」(超音波診断装置)や「走査型」「透過型」2種類の電子顕微鏡を導入しました。

さらに実習においては規定実習の他、顕微授精装置を用いた「顕微授精(体外受精)」の模擬操作実習などの特別実習を、他校に先駆けて行っています。

興味を持たせ、やる気を引き出す教育

医療の現場を知り興味をもってもらうため、1年次より臨床検査の現場に携わる講師陣による授業や、実験・実習指導を多く取り入れています。また、診療放射線学科と臨床工学科を設置しているメリットを活かして両分野との交流を図り、チーム医療の役割や大切さを学びます。そのことにより医療従事者としての責任とやる気を引き出しています。

※以下の写真は、5月より実施されている1年生の「生理機能検査学実習」の1コマです。
 臨床検査学科では、1年生の早い時期から講義中心の授業だけではなく、実習を多く取り入れたカリキュラムを組んでいます。

▲超音波診断装置の操作風景

▲眼底検査装置の操作風景

▲脳波検査で得られたデータを分析する様子

臨床検査技師の国家試験対策と就職への取り組み

3年次には全員卒業、臨床検査技師の国家試験の合格を目指した補習や試験対策講座などを実施しています。
また就職実績においては、全国ブロックに展開する独立行政法人国立病院機構に1割以上が就職。東京を中心とした関東地区のみならず、全国各地への就職にも力を注ぎ、100%の就職率を目指しています。

▲病理組織細胞学の実習風景

▲顕微鏡受精装置を用いた「顕微鏡受精(体外受精)」の模擬操作を体験

▲静脈採血用シミュレータ(腕の模型)を用いた採血実習の様子

臨床検査技師として将来活躍できる場所

就職先は大規模病院から民間の検査センターまで、幅広い可能性があります。
現在の臨床検査技師は、国立病院機構、公立病院、私立大学付属病院、一般総合病院においては、各種検査業務により担当部署が分かれ、チーム医療の一員として医師や看護師と連携することが多く、患者の状態検査・治療に貢献します。これに対し研究所、医療センター、診療所、検査センター、検診センターなどでは、臨床検査技師が多種多様な検査を担当する場合もあります。

検査機器の高度化・自動化が進むなか、機械にはできない複雑な業務に対応できる、高度な技術をもった臨床検査技師が求められるようになってきています。

臨床検査技師の行う臨床検査業務を大別すると、「検体検査」と「生理学的検査」の2つに大別されます。

「検体検査」とは、尿検査や血液検査に代表される、人の身体から排出された排泄物や採取された組織の一部(検体)など試薬を使い科学的に、あるいは顕微鏡を使い形態的に観察しその特徴を分析する検査を言います。

生理学的検査は、身体に器具を装着して直接情報を得る検査で、心電図検査・超音波検査(エコー)・呼吸機能検査・MRI検査・脳波検査 などの検査を言います。

※検体検査と生理学検査とも医師の指示の下、検査が行われます。

先端医療系学科 ブログ

東京電子専門学校 公式ブログ「先端医療系学科」の最新情報を発信しています