学校紹介 本校の特色

技術は力

創立70周年の伝統と実績のもと、
技術は力」を理念とした高い実践教育

本校は、日本で最初の電子系専門学校として昭和21年創立。以来70周年の伝統と実績は、「技術は力」を理念とした高い実践教育のもと多くの技術者を輩出し、日本の電子・情報・医療分野の躍進に貢献しています。

先端技術者育成

総務省・経済産業省・厚生労働省・国土交通省の4つの省から認定

本校は国の4つの省より、定員に対する教員数・カリキュラム内容、時間数、実習室の数や広さなどの厳しい要件を満たし、全17種目におよぶ国家試験に関する特典が与えられています。

称号付与

高等教育機関として、専門学校はその学習成果を社会的に評価されます。
本校の専門課程の卒業生には「専門士」の称号が付与され、4年制の高度情報システム科の卒業生には「高度専門士」の称号並びに国公私立の大学院入学の資格が付与されます。

文部科学省(文部科学大臣)認定:
職業実践専門課程 5学科認定

「職業実践専門課程」は、平成26年度より文部科学省が導入した専修学校の専門課程を対象とした新しい認定制度です。
認定要件は、特に企業や団体との連携が重視され、授業内容の編成や演習・実習なども連携先と企業とともに行うことや学校関係者による評価の実施、公表などの要件が定められており、本校はその基準を超える内容により「職業実践専門課程」として5学科が認定を受けました。今後も申請を順次行ない、認定学科を増やしていきます。

最新機器を積極的に導入し、
充実の教育環境を実現しています。

本校は、70年間培った技術教育のもと、高度な技術力をもった人材を養成してきました。そこには、常に時代の変化を見据えた最新の実習機器や充実の教育環境も大きな要因となっています。
また、学生の立場になり快適な学園生活が送れるよう、施設の充実も行っています。

さらに、平成29年春には「新1号館校舎(仮称)」完成と3号館と5号館のリノベーションにより、さらなる教育環境の充実とより快適な学園生活を送ることができます。
※70周年プロジェクトとして、新1号館完成(仮称)後、新2号館(仮称)の建設も計画しています。

校舎画像

きめ細かな就職体制で就職活動をサポート

本校は、全学科クラス担任制を導入しており、学生一人一人の個性や学力、本人の意志を知る担任と就職指導部、外部カウンセラーの連携により、きめ細かな就職体制で就職活動を強力にサポートしています。
また、高い「技術力」を持った多くの卒業生を全国に輩出してきた実績は、これから就職活動を迎える学生に大きな支えとなっています。

カウンセラー[イメージ]