臨床工学技士を養成する臨床工学科

学科紹介 先端医療系 臨床工学科(3年) 職業実践専門課程 認定学科 高度医療を支えるスペシャリスト、臨床工学技士を養成
一般入学 願書受付中![ 第3期 ] 平成28年12月9日(金) ~ 平成29年1月19日(木) 詳しくはコチラ

厚生労働大臣指定の臨床工学科だから、
臨床工学技士の受験資格が取得できます

厚生労働大臣の指定を受ける本科では、教育課程を修了することにより、国家資格である「臨床工学技士試験」の受験資格を最短の3年で得ることができます。

臨床工学科の概要

ここに注目!CLICK

みんな、資格取得の重要性を理解していて、夢に向かってコツコツがんばってる人が多いですね。一緒に学んでいて刺激になります。

閉じる

概要1生命維持管理装置(人工呼吸装置・人工心肺装置・人工透析装置等)の操作や保守管理を行う「臨床工学技士」を目指し、幅広い知識と技術を身に付けます。

概要2電子系総合学園という特色を生かし、工学科目の実習機器などの最新機器を導入し、常に実習設備の充実を図りわかりやすい実習を行います。

「臨床工学技士」(国家資格)とは

臨床工学技士は、「臨床工学技士」の名称で厚生労働大臣の免許を受け、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作(一部省略)及び保守点検を行う、医学と工学の両方の知識を兼ね備えた医療スタッフです。

POINT1病院さながらの設備で実習

病院などの医療現場で使用されている医療機器や医療設備を取り入れた実習室「メディカルトレーニングセンター」で実習を行っています。(先端医療系3学科共通)

POINT2ハイテク化が進む医療装置に対応

人工呼吸装置をはじめとする生命維持管理装置の複雑化・ハイテク化はとどまるところを知りません。その操作・管理を正確にできるようになるため、知識と技術の両面を学びます。

What's new?

本科では、将来携わる「臨床工学技士」の現場を実際に見て目標を明確にし、さらなる学習意欲の向上をはかるため、1年次の夏休みに「病院見学」を実施しています。
H28年見学先病院:自治医科大学附属さいたま医療センター、埼玉医科大学国際医療センター、東京女子医科大学病院、東芝病院 他、計10病院のご協力をいただきました。

実習室・実習風景

最新の医療機器を使った実習風景

▲最新の医療機器を使った実習風景

メディカルトレーニングセンターの風景

▲各種生命維持管理装置が設備されたメディカルトレーニングセンター

先端医療系 よくあるご質問はこちら

臨床工学科の実習で使用する病院

病院実習は、3年生で実施します。(平成28年度実績 実習病院名 [順不同])

  • 東京大学医学部附属病院
  • 東京女子医科大学病院
  • 東京慈恵会医科大学附属柏病院
  • 埼玉医科大学国際医療センター
  • 聖マリアンナ医科大学病院
  • 自治医科大学附属
    さいたま医療センター
  • 戸田中央総合病院
  • 東京慈恵会医科大学附属病院
  • 日本大学医学部附属板橋病院
  • 杏林大学医学部付属病院
  • 帝京大学医学部附属病院
  • 慶應義塾大学病院
  • 自治医科大学附属病院
  • 三井記念病院
  • 聖路加国際病院
  • 聖マリアンナ医科大学
    横浜市西部病院
  • 東京慈恵会医科大学
    付属第三病院
  • 東京慈恵会医科大学
    葛飾医療センター
  • 関東中央病院
  • 練馬光が丘病院
  • 上尾中央綜合病院
  • 千葉西総合病院
  • 昭和大学病院
  • 板橋中央総合病院
  • 国立国際医療研究センター

臨床工学科での取得資格

国家試験

  • 臨床工学技士の国家試験受験資格
  • 甲種危険物取扱者受験資格

【解説】臨床工学技士の国家試験について

受験資格を取得するには、厚生労働大臣が指定した臨床工学技士養成所を3年以上、または文部科学大臣が指定した学校(4年以上)において、臨床工学技士として必要な知識および技能の修習を終えることが必要で、かつ医用工学概論、公衆衛生学を始め、幅広い知識が求められます。
※その他の条件で、「受験資格取得」ができる場合があります。

取得目標としている資格

検定試験

  • 第一種ME技術実力検定(日本生体医工学会)
  • 第二種ME技術実力検定(日本生体医工学会)

臨床工学科の就職サポート

人工呼吸器実習風景 ▲メディカルトレーニングセンターにおける「人工透析装置」の操作実習風景

  • 「臨床工学技士法」の制定と同時にその指定校となり、今年で28年。前身の「医学電子科」も含め42年もの教育ノウハウは、堅実で信頼される優秀な人材を全国に輩出しています。
  • 全国に広がる卒業生ネットワークが、東京電子生の就職をバックアップしています(臨床工学技士法が制定された、昭和63年当時の指定校は、関東地域では大学も含め、本校の他 2校のみ)。

〔H28年3月卒業生就職先〕

  • 国立病院機構 相模原病院
  • 板橋中央総合病院グループ
  • 北里大学病院
  • 行田総合病院
  • 古河病院
  • 埼玉医科大学病院
  • 東京慈恵会医科大学附属病院
  • 自治医科大附属病院
  • 東京女子医科大学
  • 戸田中央医科グループ(TMG)
  • 日本医科大学多摩永山病院
  • 函館五稜郭病院
  • 常陸大宮済生会病院
  • 三郷中央総合病院
  • 水戸済生会総合病院
  • 横浜第一病院

臨床工学技士として将来活躍できる場所

国立病院機構・公立病院、私立大学付属病院、医療センター、一般総合病院、人工透析クリニック、医療機器メーカーが臨床工学技士の主な就職先になります。大規模な病院では最新の医療機器が数多く導入されており、多岐にわたる最新機器の操作・保守・点検を任されます。

どの就職先であっても、チーム医療の一員として、医師など他の専門職スタッフたちとの連携をうまく行うことが求められます。救急病院・大学付属病院などでは、残業や夜間勤務が生じることもあります。

目まぐるしく発展する医療機器の取り扱いができ、医療事故を防ぐ役割も担うスペシャリストは医療チームにかかせないため、臨床工学技士の採用を検討する病院施設等は増加傾向にあります。

臨床工学技士は、病院内の多くの医療機器を操作するだけでなく、いつでも安心して使用できるよう保守・点検も行っており、安全性の確保と有効性維持にも貢献しています。
下記が代表的な臨床工学技士の業務になります。

  • 人工透析室における、人工透析装置の取り扱い(腎不全患者に対する血液浄化)
  • 手術室における、手術用機器の管理・監視・操作
  • ICU(集中治療室)における、人工呼吸器・心臓ペースメーカ等の取り扱い
  • 中央器材室における、病棟・外来で使用する医療機器の中央管理   など

先端医療系学科 ブログ

東京電子専門学校 公式ブログ「先端医療系学科」の最新情報を発信しています