学校紹介 1日の流れ

みなさんが知りたいポイントをここに凝縮!東京電子での学校生活の1日を紹介します。 臨床検査学科の私たちがご紹介します。

東京電子の授業・学内の特徴

  • 授業は、AM9:00スタート。月曜日から金曜日まで毎日あります。
  • 1限90分授業(※)で、午前2限と午後2限の1日最大4限あります。
  • 東京電子には、最新の実習機材が導入された実習室のほか、PCオープンスペースや自習室など、勉強に関する施設が充実しています。
  • 学生ホールや学生ラウンジ、学校専用の「セブン・イレブン」、映画やドラマのDVDを視聴できる「DVDライブラリー」などもあり、楽しく快適な「1日」を過ごせる施設も充実しています。

※一部学科で、1限の授業時間や1日の授業数が異なる学科があります。

8:45 通学

私は、学校まで遠いので、毎日6時20分には家を出て、バスと電車を利用して約2時間かけ通学しています。電車の中では、夜遅くまで勉強しているので基本、電車の中は寝ています。(笑)

僕は、自宅が都内ということもあり、家をでるのは7時30分頃とゆっくりです。でも、駅まで自転車で10分、電車はいつも混んでいて座れないので、結構つらいです。池袋駅から学校まで近いのは助かります。

駅から近くて通学に便利!

授業開始前は学生ホールでリラックス

※本校は、東京や埼玉県・千葉県・神奈川県を中心に、群馬県や茨城県、栃木県からの学生が、自宅から電車やバスなど利用し て、通学しています。山梨県や静岡県沼津市・三島市から時間をかけて通っている学生もいます。通学時間が長い学生は、移動中に勉強したり仮眠をとったり、好きな音楽を聞いたりと、時間を有効に使っています。

9:00 午前の授業(教室)

授業は、クラスみんな真剣に先生の話を聞いて、ノートをきちんと取っています。予習や復習も大切ですが一番は、授業に集中して聞き、理解していくことだと思います。

入学当初の授業は、基礎科目で安心したのですが、授業のスピードが早いので、「生物・化学をもっと高校時代に勉強しておけば良かったかなぁ」と思います。

授業中はみんな真剣!

「面白い」「癒し系」と話題の名物先生も・・・

10:30 休み時間

授業の合間の休み時間は、10分間あります。

気分転換で、11Fにある「屋上庭園」に友達といくこともをありますが、10分と短いのでほとんど教室で友達と他愛もない話をしています。小テストがある時や中間・期末テストの時は、もちろん勉強しています。

12:10 ランチタイム

12:10から13:00までが「昼休み」です。

普段は、お弁当を持ってくるので教室で食べるのが多いのですが、たまに授業が早く終わり昼休み時間が長い日には、学校そばのサンシャインシティ内や評判のお店でランチするのも楽しみです。

普段は、家からおにぎりを持ってきて食べていますが、時々学校の近くにある、海鮮丼専門のお弁当屋さんに買いに行きます。そこの海鮮丼は、安くて美味しいので結構オススメです。(笑)

食事は教室の他、2ヶ所の学生ラウンジでゆっくりと!

晴れた温かい日には屋上庭園もgood!

校内にあるコンビニは雨の日も便利!

※本校は、学習・食事など、ほぼ学校内で1日過ごすことができますが、「東京電子」の周辺、徒歩1~3分のところに、お弁当屋さんをはじめ、牛丼のチェーン店や定食屋さん、ラーメン屋さんなど食事処がたくさんあり、学校の外で昼食をとるのもとても便利です。また、池袋はラーメン店の激戦区なので、足をのばして食べ歩きするのも楽しいでしょう。さらに、サンシャインシティや東急ハンズ、ビックカメラなども近いので、気分転換や買い物も、昼休みの時間で余裕をもってできます。

13:00 午後の授業

臨床検査学科の1年後期および2年生は、午後の3限(13:00~14:30)と4限(14:40~16:10)の2コマを使って、実験・実習に当てられている日が多くあります。

後期(10月~)からは、実習が多くなります。 心電図や聴力検査などの「生理機能検査」実習、尿や血液のなどの「検体検査」実習があり、「臨床検査技師」の仕事を想像しながらできるので楽しかったです。でも、実習後のレポートは、検査目的、考察、結果などをまとめなくてはならないので大変でした。

実習は、通常6~8グループに分かれ実験をしています。グループなので、役割分担を決めて意見を出し合いながら、スムーズに実験が行えるよう協力し合っています。しかし、なかなかうまく行かず、実習時間を過ぎて放課後までかかることもありました。

実習は、楽しかったのですが、「解剖学実習」は苦労しました。臓器などの標本を正確に描写する実習なのですが、うまく描写できず何度も書き直しやっとOKがもらえた時はホッとしました。

「心電図」実習は、グループ内でお互いの心臓の動きの波形データ取り合う実習で、はじめは照れもあり少しふざけていましたが、将来の「臨床検査技師」としての仕事に役立つと思うと、自然に真剣になりました。

検体検査はチームワークが大事

最先端の高画質4Dエコーで本格トレーニング

※臨床検査技師の仕事は、大きく分けて「検体検査」と「生理学的(生理機能)検査」の2つに分かれます。
健康診断で行われている尿検査や血液検査など、体の一部から取り出した物や排出物から、化学的に小さな情報を見つけ出す検査が「検体検査」です。一方の「生理学的(生理機能)検査」は、超音波診断装置(エコー)や心電図、脳波計など、医療機器を使用し、患者さんの身体を直接調べる検査です。

16:10 放課後

16:10(※)で1日の授業が終了します。

放課後は、授業でわからなかったことを友達に聞いたり、先生に質問したりしています。東京電子の先生は、接しやすいので気楽に質問にいけるので助かっています。

週末などは、友達とバッティングセンターに行き汗をかいたり、東急ハンズで買い物したりして帰ります。学校は駅から近く、遊べるところも多いので便利で楽しいです。

放課後は、すぐに帰宅して自宅で勉強しています。週末の放課後や授業が空いた時間は、友達とゲームセンターに寄ったり、ウインドーショッピングなどしたりして、息抜きをしています。

放課後の地下1階、学生ホールは、お喋りをしたりモバイルゲームをしたりする人で賑わっています。一方で、同じ学生ホールや自習室、パソコンフリースペースで、勉強している学生が多いのも、本校の特徴といえます。
学校の外では、近くに映画館やROUND1、ショッピングスポットであるWACCAやサンシャインシティ、ゲームセンターGIGO、アニメイト、乙女ロード、サンシャインシティ内の水族館やナンジャタウン…など、勉強の疲れを忘れさせてくれる場所もたくさんあります。

勉強に疲れたら、僕が癒やしてあげるよ!

最新の流行は池袋に集まる!

※電気工学科は、曜日により17:30~18:00頃まであります。また、情報系学科では、選択科目の授業・実習を16:10以降、1時間から2時間実施しています。

臨床検査学科の時間割 東京電子の時間割は、高校の時間割と似ているから馴染みやすい!

※上記時間割は2年前期の参考資料です。